ジュニアテニス奮闘記

万年予選敗退の我が息子。けれど志は人一倍高く(笑)目標に向かい日々練習。なりたい自分になれるのか・・・そんな息子の奮闘記です。

1月の報告

 

今月エントリーしていた試合を全て終えたので

その結果を。

 

 

公認大会の結果は以前にも書いたが

3回戦敗退。

 

JOPの大会は2つ。

1つは3回戦敗退。

そしてもう1つは ユーショー。

 

 

 

 

 

 

 

優勝しちゃいました!

 

 

 

 

 

カツオ待望のTOMAS CUPの出場権を獲得!

見ていて手に汗握る激闘だった。

ある試合は毎ゲーム、デュース。

それもデュースを5、6回繰り返す。

毎ゲーム。

いつもはボケ〜っと見ている私だが、

今回ばかりは、前のめりになって祈る気持ちで見ていた。

 

 

今年のカツオは何か違う。(と思いたい)

 

 

それにしても、

今年の試合でカツオが勝った試合の相手の親は

みんなプリプリ怒って帰っていく。

恐らく格下(カツオ)相手に負けた事が腹立たしいのだと思う。

昨年の後半より、

格上に(ランキング的に)勝利する事ができるようになってきたカツオ。

 

先日対戦したある相手の両親はカツオとの試合前、

我が子を送り出す時、満面の笑みで

「気楽にやってくればいいからね〜」

と言っていた。

むむむ格下だからって準備運動代わりに

うちのかわいいカツオちゃんを使う気だな😠

 

 

こちらはそれを聞いて「死ぬ気でやってこい」とカツオに耳打ち。

カツオはニコっと笑い試合に入り、

やっつけて帰ってくる。

相手の親、プンスカ怒りながら車に乗り込む。

 

 

「気楽に・・」って言っておいて

負けたら怒るって・・・

 

 

 

 

今月のとある試合で、

知らないお父さんに声をかけられた。

もちろん熟女ナンパではない(笑)

カツオの事を聞かれたのだ。

学年を聞かれ4年と答えると、

それはそれは驚いていた。

子供同士で学年を聞き合うのはよく見る光景。

子供でもカツオが学年を言うと驚く事が多々あるらしい。

 

これは2パターン考えられるとカツオは言っている。

 

①4年生とは思えない強さだ!!

 

②4年生にしては大きい!!

 

 

どう考えても②しか考えられない。

カツオ自身もそう言っている。

消去法だ。

(カツオの身長は144cmで、まあまあ大きい方)

 

 

だが、今回は違った。

驚いた理由は身体の大きさではなかった。

知らないお父さんにカツオのテニスについての事を褒めて頂いたのだ!

お褒めの言葉は

 

 

 

 

 

 

「すごいパワーですね!」

 

 

 

 

だった。

 

嬉しかったぁ〜

初めて見ず知らずの人に褒められたのだ。

身内からの褒め言葉や、

知人の社交辞令的な褒め言葉より1億倍嬉しい!

普段カツオのテニスで褒められ慣れていない私は

なんという言葉を返したらいいかわからず、

 

「えっ、あっ、うっ・・・っか、体が大きいので😅」

 

どもってしまったのだ。

 

 

その場にカツオはいなかったので

帰りの道中で教えてあげたら、

とても喜んでいた。

 

 

 

 

・・・あれ??

 

ちょと待てよ・・・

 

今のカツオのテニスはパワー系では無いような・・・・

パワーって、力がある、球が早いという意味と勝手に捉えたが、

もしかしたらコートを走り回る体力という感じの意味かもしれない・・・

 

 

んーーーーーーー

よくわからなくなってきたが、

とにかくカツオのパワーを褒められた!

それで良しとしよう!

 

 

 

 

 

そんなこんなで新年の滑り出しは良好!

 

 

 

場違い感はあるかもしれないが、

そんな事は気にせず

TOMAS CUPにもチャレンジさせてあげようと思う。

 

 

 

 

 

おわり