ジュニアテニス奮闘記

万年予選敗退の我が息子。けれど志は人一倍高く(笑)目標に向かい日々練習。なりたい自分になれるのか・・・そんな息子の奮闘記です。

ちょっとだけ成長したカツオと将来の夢

 

先日カツオのチャレンジの1週間が終わった。

 無謀すぎるチャレンジだったが、終わってみて感想を聞くと

 

超ーーーー絶悔しかったけど楽しかった!

 

とのこと。

 

参加者の中で4年生のカツオは最年少。

あとは6年生〜中学2年生。

その中で毎日、試合試合試合。

つまり、負け負け負けの毎日だった(笑)

 

同じ子に2度負けた時はさすがに泣きじゃくっていた。

私が「内容は悪くなかったよ」と声をかけると

 

「慰めなんか必要ないから!!」

 

と言われた。

 

 

 

カツオの試合を毎日見ていて私はふと気付いたことがあった。

今までのカツオは試合中、イライラしだすとその試合はもう崩壊。

けれど今回はその姿が見られなかった。

うまくいかないことが続いて、イライラするのは今まで通りだが

次のポイントに前のポイントのイライラを持ち込むことが全くなかったのだ。

 

課題である、気持ちの切り替えができていた。

結果、勝つことを最後まで諦めないという姿勢になっていた。

 

 

これは本当に大きな成長だ。

 

 

 

 

最終的に1回だけタイブレまでいきギリギリ勝ち

全敗は免れた。

嬉しさのあまり試合終了時、コート上で奇妙なポーズをとったらしい。

前回の記事で載せた写真のあのコートで・・・

私はちょうどお手洗いへ行っていてそのポーズを見なかったのだが

その試合を見ていた方が「面白いお子さんですね」と教えてくれた。

 

 

 

褒め言葉として頂戴したと思う事に(−_−;)

 

 

 

カツオに何をしたのか聞くと、

 

 

「嬉しかったから少しふざけちゃった😚」 

 

 

とのこと・・・・

どんなポーズかは教えてくれず・・・

正直、聞くのが怖いというのもあるのでそれ以上は突っ込まないことに。

相手の選手に失礼が無かった事を祈るのみ。

 

 

コーチに進められ参加した今回のチャレンジ、

私的には「カツオにはまだ早すぎるだろ」

と内心思っていた。

やはり、まだ早すぎたというのはその通りだったかもしれないが

収穫はとてもとても大きなものだった。

何事も経験。

 

 

最終日の帰り道、

 

 

「あぁーあ、強くなりてーなー」

 

 

と呟くカツオであった。

 

 

 

そんな挑戦中のカツオ、学校を休んでいたのだが、

その間学校では二分の一成人式が行われた。

担任の先生からカツオが書いたこのようなものを届けて頂いた。

 

 

 

f:id:tonpari:20171122195134j:plain

 

 

好きなテニス選手にあれだけ大好きだったモンフィスがいない事に驚いた。

今はズベレフにご執心なようだ(笑)

 

 

 

将来の夢についても書いてある。

カツオの夢はバカデカイ。

夢は大きければ大きい方が良いと言うが

大きくなるにつれ、現実を理解できるようになる。

私もかつてはそうだった。

ある時、自分には無理なんだと気がつく。

どんなに頑張ってもどうにもならない事がある。

 

 

 

カツオの夢や目標を応援しつつも、

いつか彼にもその時が来たら

どう感じるのだろうと考えると少し胸が痛い。

 

 

でもでも我が家のカツオ、

永遠に気がつかないパターンも考えられる。

ある意味それは幸せな事かもしれない。

だって、永遠に夢を追いかけていたら夢に破れる事はない。

傷つかない。

ずっと夢への途中(笑)

 

 

但し、40歳をすぎても今と同じ事を言っていたら

「いい加減気付けよ!」って後ろから蹴り飛ばしてやろう。

 

 

 

 まっ、今はまだまだ幼いし、そんな事は少し先になりそうなので

それまでは見守る事に全力を注ぐ(?)しかない。

 

 

 

今日は早朝から遠くへ練習に行ってます!

 

 

 

 

おわり(^^)