ジュニアテニス奮闘記

万年予選敗退の我が息子。けれど志は人一倍高く(笑)目標に向かい日々練習。なりたい自分になれるのか・・・そんな息子の奮闘記です。

セカンドサーブ

 

昨日は雨の為、外のコートが使えず

インドアのコートでひとつ下のクラスと合同練習だったようだ。

ひとつ下のクラスにはハナコも在籍しているのだが

今は休んでいる為ハナコは不在。

(カツオの方が姉のハナコより上のクラスにいる・・・)

 

 

帰りの車中、久しぶりに

「今日はどんな練習したの?」

と聞いてみた。

 

トレーニングは雨だからクラブハウスで踏み台昇降

その後インドアのコートで球出しとかサーブ練習とか、

ポイントとかした。楽しかった。

 

とのこと。

 

サーブで思い出した。

カツオの夏の試合をいくつか見ていて、あれっ?と思った事がある。

 

ファーストサーブが、全てセカンドサーブなのだ。

 

今までは、

ファーストサーブはフラットで早いサーブをドカン

(ファーストサーブの速さはカツオの最大の持ち味でもある。)

セカンドサーブは回転をかけ高い軌道で且つ、跳ねたり(高くバウンド)するサーブ。

スピンサーブやスライスサーブ等、セオリー通りだった。

 

 

カツオはかねてより回転に尋常ならぬ興味がある。

セカンドサーブに関してはどれだけ高く跳ねさせるか

バウンドしたボールが外に跳ねるようにするはどんな回転をかけたらいいか

などなど、回転を極めたいと思い、常日頃研究を重ねているようだ。

夏休みのプライベートレッスンもセカンドサーブを集中的に見てもらっていた。

 

 

夏のカツオは自分の最大のウリを完全封印し、

試合ではファーストサーブもずっとセカンドサーブを打っていた。

 

 

なぜ???

早いサーブは打たないの???

 

 

はじめは打ち間違えたのかなって思っていたのだが

そうではない事はすぐに分かった。

確信犯だ。

 

読めた。

カツオの考える事は単純なので100%読める。

前科もあるので余計に読める。

 

 

 

なので、昨日「サーブ」という言葉をカツオから聞いたので

シレっと聞いてみた。

 

「最近、試合とかでファーストサーブは何サーブ打ってるの?」

 

少し変な聞き方だったが、鈍いカツオはそんな事には気付かず

 

 

「ファーストはフラット打ってるに決まってるじゃん?」

 

フラットサーブ分かりますかぁ〜?

ぐらいの勢いだった。

 

「へぇーーーー」

 

とだけ私は言った。

 

 

いやいやいやカツオさん

どの口がそんな事言ってるの?

君、最近の数大会、ファーストサーブをフラットでは

1本も打ってなかったですよね?

お母さんがテニスを知らないと思って甘く見てはいけませんよ。

そのくらいお母さんも分かりますからね。

 

あなた、大切な試合で

 

ひたすらセカンドサーブの実験

 

してましたよね ( ゚д゚)

 

 

しかし気持ちは分からなくもない。

クラブはオムニコートだが、

ハードコートクレイコートだとどうだろう・・とか。

クラブの子達は、カツオがどんな球を打って来るのかほぼ

分かっているから、知らない子に試してみたい。

って事なのだ。

 

今回はセカンドサーブだったが、

カツオには時々こういった事がありビックリさせられる。

練習でやった事で、自分が極めたいと思って試行錯誤してきた事は

試合で試さずにいられない。

 

ちなみに前はサーブ&ボレーだった。

 

自分のサービスゲームはひたすらサーブ&ボレー(笑)

 

練習でやってきた事を実践で試してみたい気持ちはわかるけど

カツオは試し方が少しオカシイ

 

 

 

 

次は何を試すのだろうか。

少し楽しみでもある(笑)