ジュニアテニス奮闘記

万年予選敗退の我が息子。けれど志は人一倍高く(笑)目標に向かい日々練習。なりたい自分になれるのか・・・そんな息子の奮闘記です。

テニスにかける思い

土日と雨だったが昨日は朝から晴れていた為、

カツオは10時にクラブへ自主練をしに行った 。

休日にしては少し遅いほうかな。

以前は日曜日の朝のレッスンが無かった為

土日は朝7時から自主練に行っていた。

 

お願いだから7時はやめて (>人<;)

お母さん大変過ぎる (>人<;)

 

とお願いし、現在9時位からで落ち着いている。

自主練は1時間とか、2時間とか決まっていない為

コートが空いていればずーっと練習していられる。

コート会員さんと試合もできたりするので

とても楽しいようだ。

 

しかも自主練はカツオのクラス、

 

 

無料

 

 

とても有り難い。

クラスアップする前は有料だったが

それでも500円で時間制限無しと、とても良心的な設定をしてくれている。

なのでカツオは学校がない日は1日中クラブに居る。

12時間位は居る。

 

まるで社員のようだとよく言われる。

 

 

夕方、娘のレッスンの為、16時頃クラブへ行くと

仲良しのH君(中学1年生)と楽しそうに

コートでボールを追いかけていた。

 

タフだな・・・

 

今からトレーニング〜レッスンとあるのに。 

今日は暑かったし頑張った臭がする日だなと思った。

 

私はカツオの足臭頑張った臭と呼んでいる。

 頑張った臭がする日、カツオが車の中で靴を脱ぐと

ハナコはぶちギレる。

 

 

 

 

 

カツオはプロになりたいと真剣に思っている。

 

なりたいと言うかなるんだ思っている。

 

ではなくて目標

 

 

だから

友達と遊ぶ時間はいらない。

家は寝るだけでいい。

学校以外の全ての時間をテニスに費やしたい。

 

真剣にそう考え、実行している。

かれこれ1年半はこんな調子だ。

昨年末、クラブがクローズしても大晦日まで自主練に行った。

(さすがに半日程度だが)

元旦は早朝から自主練に行った。

そして仲良しH君と一緒に初日の出を拝んだ(笑)

 

その全てをテニスにという情熱が

我が子ながらスゴイなと関心してしまう。

だから私はひたすら送迎とお弁当作りを頑張る。

 

 

 

今でそこ何でも一生懸命するようになったが、

以前は、トレーニングがキツくて辛いとか

ランニングが嫌だとか言う事がよくあった。

ランニングに関しては理由をつけて途中でリタイアする事が続いていた。

 

私は頑張れって言うしかなかったが、

明らかにキツイ事は避けて通りたい匂いがプンプンしていた。

好きな事だけして、嫌な事はしないと言うのは

人としてどうなんだろうと思い、ある時話してみた。

 

目指すものがあるなら、楽な方を選んでは駄目だよ。

人間は辛い事と楽な事があれば、みんな楽な方を選んでしまうけど

それではなりたい自分には絶対なれない。

辛い方、キツイ方、嫌な方を敢えて選んで進んで行かなくては

目標には絶対届かない。

辛い道を選んだ瞬間に、なりたい自分に少し近づけるし、

逆に、楽な道を選んでしまったら、楽で楽しいと感じるかもしれないけど

永遠に今の自分のままだよ。

どっちを選んでもお母さんは何も言わないよ。

お母さんはただそれを受け入れるだけ。

カツオの人生はカツオのものだから。

 

よく考えて決めてね。 

 

 

 

この話をしてから、

彼は、キツイ・辛い、嫌だをピタッと言わなくなった。

ランニングもウソのように全くリタイアしなくなったし

トレーニングも弱音を吐かずやっている。

 

 

 

しばらくしてから「最近どう?」と聞いてみたら

 

辛いなーって思う事もあるけど

オレはプロになるんだし!

そんなこと言ってらんないじゃん?

世界ランキング1位になっちゃうかもよぉ〜(*´∇`*)

 

 

とおどけていた。

 

 

ある意味カツオは凄い・・・

おそらく催眠術とかかかり易いタイプだと思う。

 

痛快な男だ。

 

 

 

ちなみに昨日の帰り道、予想通り車内はプゥ〜〜ンと香っていて

私とハナコは思わず窓を開けた。

 

お願いだから、たくさんテニスをした日は

車の中で靴を脱がないでクダサイ。