ジュニアテニス奮闘記

万年予選敗退の我が息子。けれど志は人一倍高く(笑)目標に向かい日々練習。なりたい自分になれるのか・・・そんな息子の奮闘記です。

1週間の練習量

9月からクラスが一つ上がり

中学1年生と一緒に練習をしている。

 

平日4日間は学校から帰宅し次第30分集中して宿題をする。 

3時間30分練習(内、トレーニング30分)

 

土曜日は朝9時頃より自主練。

夕方より練習4時間30分(ランニング8km含む)。

 

 日曜日、早朝より3時間練習。

その後、日没まで自主練。

 

毎練習後は30分間のストレッチタイムがある。

帰宅は日曜日以外22時だ。 

 

自主練を入れると1週間の練習量は30時間を軽く超える。

 他クラブの子はもっとやっているのかな・・・

 

 平日にあるトレーニング。

以前のクラスでもトレーニングは今のクラスと2クラス合同で行っていたので

今や無駄なお肉は落ち腹筋はバキバキに割れ、手足もムキっとなっている。

 

 10歳の我が子の腹筋が割れていることに気がついた時は

とても大きな衝撃だったなぁ・・・・

 

確かに軽いトレーニングでは無いのは知っていた。

以前1度たまたま見たトレーニング風景は思っていたよりハードだったから。

カツオは一番のチビだけど中学生、6年生に混ざり必死に食らいついていた。

奴は聞いたことの無い声で雄叫び(?)をあげながら走り、

終わったらぶっ倒れる。倒れたまま動かない。しばらく起き上がれない。

 

ビックリ。

心底ビックリ。

 

 

私はクラブハウスの中で娘と見ていたのだが、

おもわず笑ってしまった。

可笑しくて笑ってしまったわけでは無い。

笑うしかなかったというのが本当。

 

娘は冷ややかに

「カツオ、ガオガオうるさくね?」

 

 

 

クラブハウスに一緒にいたコーチに、

「あの姿を、笑って見てくれるのはとても有り難い」

と言われた。

 

そういうものなのか・・・

 

その日の帰宅後カツオに聞いてみた。

「毎日あんなにハードなトレーニングしているの?」

 

「曜日で違うトレーニングだから、その日によってすごくキツかったり

そんなにキツくなかったりかな」

 

少しホッとした。

 

 

ナカナカの練習量、そしてトレーニング。

いつ頃成果が出て来るのか・・・

そろそろ出初めてもいいのでは無いだろうか・・・

 

少し前、カツオに

「お母さんはあとどのくらい待ったら、カツオの試合で勝ち上がる姿が

見れるのかな?」

と聞いたことがある。

 

答えは、

「ん〜〜、あと1年待っててね!」

 

 

わかりました・・・・

 

 

一生懸命頑張っているのだから、勝たせてあげたいというヤゴコロ

決して私は、払っているお金の対価を求めているワケではない。

 

 

 

とここでは言っておく(笑)

 

 

カツオは今日も元気に練習です!

頑張れ!